ユレーマス

気象庁「緊急地震速報」と現地地震計の双方からの情報を融合・判定し、
より早く、より精度高く主要動を速報。
直下地震にも事前速報するユレーマスサービスを提供。

基幹ユレーマス

お客様敷地内に、「地震計、コントローラ、ローカルサーバ」を設置し、地震計からの情報(初期微動)と緊急地震速報を基に、設置場所に特化した主要動を予測します。 直下型地震の場合、主要動(S波)到達までに緊急地震速報が間に合わない可能性が高くなります。
基幹ユレーマスは、お客様施設内に地震計とサーバを配置して初期微動(P波)を検知しますので、S波到達前に地震動の推定が可能になります。

基幹ユレーマス
  • 地震計

    拠点に地震計を3台設置する事で、正確な震度の計測と誤検知を防止します。
    3台の地震計で検知した情報は接続しているコントローラーに情報送信します。

  • コントローラー

    地震計から送られてきた地震情報を変換しローカルサーバーに送信します。
    コントローラーに搭載している端子盤に拠点機器を接続する事で、機器制御を行います。

  • ローカルサーバー

    コントローラーから送られてきた地震情報を解析し、モニタに表示します。
    長期稼働に耐えうる産業機器向けPCを使用し、停電時でも稼働できるよう大型UPSとバックアップ用モバイル回線を備えております。

より早く

ユレーマスは現地でP波を検知し、P波情報(P波の大きさ、検知時間)をお客様に提供します。
直下地震の場合、気象庁の「緊急地震速報」による警報は、2観測点(30~40Km離れている)でP波を検知し、震源情報を求めてからS波を予測するため遅延が生じ、結果的に主要動(S波)到達後になってしまうケースが多くなります。

より高精度に

高精度化緊急地震速報(高度利用者向け)は、地震震源情報(位置、深さ、マグニチュード)を元に、予め決められた計算式により主要動を予測します。
基幹ユレーマスは、現地でのP波検知の情報も加えて判定し、より高精度な情報提供が可能です。
(お客様が高精度に地震動を推定できるよう当社が支援します)

直感的なUI

日本地図を表示し、震源地と地震波をアイコンで表示する事で、設置拠点までの到達状況を確認出来ます。
さらに地震発生時には音声発報(震度閾値設定可)し早急な注意喚起を行う事が出来ます。

準基幹ユレーマス

基幹ユレーマスの観測情報と緊急地震情報を基に、地震計1台で正確性に特化した主要動を予測します。
エリアユレーマスの設置可能場所は、基幹ユレーマス(地震計)設置場所からおおよそ半径約5km以内となります。

エリアユレーマス

基幹ユレーマスの観測情報と緊急地震情報を基に、地震計不要で設置場所に特化した主要動を推定します。
エリアユレーマスの設置可能場所は、基幹ユレーマス(地震計)設置場所からおおよそ半径約1km以内となります。

エリアユレーマス

ユレーマスライト

エリアユレーマスの普及版。基幹ユレーマス設置場所(首都圏、関西圏、中部圏、九州等)で利用可能です。
ネットワークはお客様設備を利用します。

ユレーマスネットワーク

ユレーマスネットワークとは、各拠点のユレーマスをネットワークで結び、地震発生情報を瞬時にネットワーク内で共有する機能です。

 震源に一番近い基幹ユレーマスが地震を検知すると、ネットワークを経由して、他拠点のユレーマス(基幹、準基幹、エリア、ライト)に地震情報を送り、各拠点での予測震度を算定します。

 この機能により、S波到達時間までの猶予時間を大幅に増大することが可能なります。

ユレーマスネットワークは、プライベートネットワーク網(VPN)を使用し、セキュアな高速ネットワークを提供します。

サービス提供地域

基幹ユレーマス地震計の設置してある点(基幹ユレーマス基準点)の周辺エリア(おおよそ半径1km以内)をエリアユレーマスサービス提供エリアとし、周辺エリア5km以内を準基幹ユレーマスサービス提供エリアとします。
ユレーマスライト並びにユレマモリはエリアフリー※1でご提供させて頂きます。

(※1:ユレーマスネットワークの効果の得られる50km以内を推奨 詳細はお問合せ下さい)

機器連携

ユレーマスはお客様施設の機器と連携し制御を行う事が可能です。お客様のニーズに応じて発報する危険度、タイミングを自由に設定できます。
例えば、館内放送では迅速性を、エレベーターや工場機器等の整備管理対象には精度を重視した発報タイミングにするなど、きめ細かな運用プランを提供します。

ユレーマス効用

ユレーレマスに設置拠点の機器を接続する事で、下記の活用を想定しております。

エレベーター閉じ込め事故防止 エレベーターが揺れる前に最寄階に乗客を安全に退避させることができます。首都直下地震の被害想定では1万7千人の閉じ込め事故発生が想定されています。
生産設備の損傷防止 生産設備の運転停止は、地震被害を最小限にする上で必要ですが、事業面ではリスクを伴います。ユレーマスは空振り発報が極めて少ない為、空振りによる損害被害を恐れずに地震到達前に停止が行えます。
パニック防止 不特定多数の人が集まる所(空港、駅、ホテル、遊園地等)でのパニック防止に寄与できます。
電車の転覆、脱線事故防止 ネットワークが拡大し鉄道沿線をカバーできるようになれば、事故防止に大きく寄与できます
有毒ガス等の飛散防止 ユレーマスにより、被災前にバルブ等の自動遮断が可能となります。
危険作業の停止 一斉放送等により工場従業員の人命救助ができます。