本文へスキップ

高精度、高信頼性、地震動予測情報サービス『ユレーマス』

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2−25−6
山崎須田町ビル3階

TEL. 03-5244-4181 FAX. 03-5244-4180

ごあいさつごあいさつ

社是

地震の主要動の到来を事前に精度よく
速報することにより、
世界のお客様の生命、財産を守るよう努め、
もって公共の福祉の増進に寄与する


代表取締役社長
松尾 勇二のあいさつ

画像
日本は古来より地震災害に悩まされてきました。文明の発達によって災害の規模はますます増大しています。国を挙げて災害への備えが強化されているところです。

わが社は地震による災害の減少を目指して、地震の主要動の到来を事前に精度よく速報することにより、我が国のみならず世界のお客様の生命、財産を守るよう努め、もって公共の福祉の増進に寄与することを社是としています。

ユレーマスサービスの普及に努め、安全安心の社会の実現を目指します。

代表取締役社長 松尾 勇二

経歴

1964年
日本電信電話公社入社
1996年
日本電信電話株式会社 常務取締役就任
1999月
東日本電信電話株式会社 代表取締役副社長就任(法人部門)
2000年
エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社 代表取締役社長就任
2015年1月〜現在
株式会社ミエルカ防災 代表取締役社長




技術顧問
藤縄幸雄のあいさつ

緊急地震速報に関する研究を2001年に防災科研で始めてから14年に、実用化されてから8年になる。

その間東日本大震災などの強震を経験し、一定の成果が上がっていますが、描いていた理想からは程遠いです。 特に速報の高度利用情報の活用がほとんどされていないことは最大の遺憾事です。

製造工場などの地震防災対策の抜本的向上と、2次被害で最大の火災の防止を目指して、ユレーマスシステムのさらなる精度向上に向けて開発を進めます。これらの課題を一歩でも二歩でも前進させ、国難ともいわれる大規模地震災害へのソリューションを提供できる芽を育て、社内外の若い人々につないでいくのが若くない私の夢です。

技術顧問 藤縄 幸雄

経歴

2000年
特定独立行政法人防災科学技術研究所 先端解析技術部部長
2001年
同 特定プロジェクトセンタープロジェクトディレクター
2003月〜2010年
特定非営利活動法人リアルタイム地震情報利用協議会専務理事
リアルタイム地震情報利用システムに関する先駆的研究推進担当国際顧問
(台湾国家災害防救科技中心)
2011年〜
現在
株式会社藤縄地震研究所 会長

2014年〜
現在
株式会社ミエルカ防災 技術顧問